年商10億円以上の会社_サービス料金案内

当事務所のサービス(お客様への関与のし方)

会計事務所_税務相談_新宿区
当事務所のサービスは次の通りです。

✅ 経理取引の内容に応じて当事務所でPC入力し、総勘定元帳と月次財務報告書を作成します。
✅ お客様がPCの入力をし総勘定元帳を作成しますが、一通り入力した後で当事務所が取引の内容と会計処理を確認して、必要な追加と補正をし月次決算を確定させます。
総勘定元帳や月次財務報告書を当事務所が作成したり、総勘定元帳を作成する過程で当事務所が関与することの、お客様にとってのメリットは、次の通りです。

全体の流れを把握できるため、タイムリーで的確なアドバイスができる
個々の取引について、会計基準に沿った会計処理ができる
税務上、より有利な経理方法の選択が可能(節税のチャンスに気がつく)
個々の取引について、税務上の問題点を発見し対策ができる
経理担当者が退職しても大きな混乱を防げる
銀行融資を意識した経理処理と決算書の作成が可能
当会計事務所では、原則として受託していません。当事務所のサ-ビスは、月次の経理処理に関与して、定期的にお会いしたり、取引や帳簿書類などを確認等することによって、会社の状況や動向を把握することを前提としています。決算時だけの関与ですと、様々なことが後手となり、しかも、限られた時間内に帳簿等を通査せざるを得ないため、決算対策や税務対策が、困難となるからです。
通常の税務や経理の相談・対策と、毎年必要な税務・会計の諸手続きを、原則としてすべて含みます。
具体的には次の通りです。

通常の経理、税務についての相談・対策(会計、法人税、消費税)…随時
会社が作成した、出納帳、売上帳、仕入帳など各種帳簿のチェック
総勘定元帳の作成、または会社が作成した総勘定元帳のチェック
消費税の処理
月次試算表の作成
決算書の作成…毎決算期(会計基準を取り入れた決算書を含む)
税務申告書の作成(利益に対する税金:法人税、住民税、事業税…毎決算期)
消費税申告書の作成…毎決算期
消費税の中間申告書の作成・・・6ヵ月毎、または3ヵ月毎、または毎月

※以下は、当事務所に処理を依頼される場合です。
 年末調整(毎年12月)
 法定調書・合計表の作成(毎年1月)
 給与支払報告書の作成(毎年1月)
 償却資産税の申告(毎年1月)
別途報酬となる主な業務(主なもの)

税務調査の立会
中間決算・・・営業年度の中間(通常は半年)で、決算をすること
株価の算定・・・算定が簡単でかつ目安金額の場合は、原則として通常の報酬に含みます。
会社の株式等の後継者への贈与など・・・算定が簡単でかつ非課税の場合は、通常の報酬に含みます。
特別の調査・時間を要すること・・・事前または判明した時点でお話し、概算金額または算定方法を提示します。

報酬体系

関与のし方と報酬は、売上高や従業員数などの外形的要素だけでなく、事業内容およびその動向、経理の体制・精度など実質的要素によって提案します。
例えば、利幅の薄い商売で「売上は10億円あるが仕入代金を差引くと10%の1億円しか残らない」というような場合は、「年商3億円から10億円までの会社」の報酬を適用します。

年商10億から15億円の会社様の報酬の目安

c6bc2976ddc4b316a56c911495cd0009
※15億円を超える会社様は、個別のお見積りとなります。
※本サイトにて表示されている料金は全て税別表記となります。
※売上高だけでなく、事業内容・従業員数・支店や事業所の有無・経理の体制や精度など、実質的な要素を含めご提案をさせていただきます。
兵頭_会計_税務
兵頭税務会計事務所