直接原価計算(変動損益計算)による損益計算書の作成

直接原価計算(=変動損益計算)による損益計算書の作成

企業で発生するコストを、大雑把に「変動費」と「固定費」に分けます。

※ここでいうコストとは、企業活動をすることによって、通常発生する費用をいい、臨時的な損失などは除きます。

変動費

製造や仕入をしなければ発生しないコストです。
具体的には、次の費用のことです。

  商品の仕入れ代金

  製品を製造するのに要した、材料費や外注費
  (在庫の評価額は、材料費や外注費などの変動費だけで計算します)

固定費

製造活動や販売活動をしなくても発生するコストです。
具体的には、次のような費用が固定費です。

 役員報酬

 従業員の給料

 事務所や店舗、工場の家賃

 リース料

 建物を建てたり、車両や機械を購入した場合の減価償却費

 銀行などから借入れをした場合の、支払利息

直接原価計算による損益計算書(変動損益計算書)

 売上高

 変動費

  販売した商品の仕入れ代金

  販売した製品を製造するのに要した、材料費や外注費

 限界損益

 固定費

 損益

変動損益計算書(直接原価計算による損益計算書)の例

hyoudou-1-11-e1499405894182
比較損益計算書・損益推移表
ahyoudou-1-21-e1499405918998
変動損益推移表
※画像をクリックすると大きな画面で確認が出来ます。


当月の実績と共に前年同月や月次予算が表示されますので、コントロールや問題点の発見に役立ちます。
前期決算や年度予算も表示され達成度合いや予算の残額が表示されますので、年度決算の予測や年次計画の修正等に役立ちます。

兵頭始税理士事務所お問合せ
ページトップへ