高品質のサービス

当会計事務所の特徴

高品質のサービス_兵頭税務会計事務所
規模の大きな会計事務所では、経験の浅い職員でも一通りの業務をこなせるようにするために、業務を標準化・マニュアル化しているのが一般的です。

→当事務所では、標準化・マニュアル化している事務所のように画一的な対応はしていません。

会社が採っているやり方を尊重し、経営規模や業務内容、経理能力に応じた対応をしています。

代表税理士は、中堅企業から中企業、小企業までの税務と経理・会計について、顧問としてまたは経理の代行として20年以上の経験を有し、企業を経営してゆくうえで生じる様々な税務や会計の問題に対処してきています。

様々な規模の企業に長年にわたって関わってきた経験を土台として、中小企業、中堅企業を支援し、共に成長してゆきたいと考えています。

「今の会計事務所からは、顧問料や決算料など最初に決めた報酬の他に、毎年いろいろな手数料を請求される」そのような不満をお持ちではありませんか?

→兵頭会計事務所では

 「会計システム利用料」など、税理士報酬とは別の名目での手数料は頂きません。
  外部への支払いが発生する場合は、「実費」のみを請求しております。

※「会計システム利用料」等とは、会計事務所からソフトウェア会社に支払う使用料のことで、実際には1,000円から2,000円程度です。多くの会計事務所が、かなりの金額を上乗せして請求しています。

 基本的な役員変更等の「議事録」は、議事録作成手数料を頂いておりません。(※登記費用は別途です)

 「予定申告」や「各種の届け出」などがある場合、予定申告などの作成手数料は頂いておりません。
  各種の届け出も、かなりの検討を要するもの以外は顧問料に含まれます。

税理士_兵頭税務会計事務所
従業員を何人もまたは何十人も使って業務をしている会計事務所では、多くの場合、代表者税理士は重要な大口顧客だけを担当し、他の殆どの顧客は資格のない補助者に任せきりになっているのが実情と思います。

100社以上の会社の帳簿書類に目を通すのは、事実上ほぼ不可能です。

担当者が税理士と職員とでは、知識、気配り、責任感および税務調査への対策・対処などの点で、能力がまるで違います。

税理士に会って直接話をしたくても、敷居が高くて、または担当者の手前もあって、なかなか言い出しにくいことが多いのではないのでしょうか。

お客様とは、「顔の見える関係」、「風通しの良い関係」でありたいと思っています。

当事務所の職員(清水)は、他の会計事務所を含め15年を超えるキャリアを持っているベテランです。
会計事務所経験3年や5年の職員とは能力が明らかに違います。

また、税務や経理の知識や実務だけでなく、お客様への対応や気配りなどについても、バランスのとれた能力の持ち主です。
一定規模の会社様であれば、決算書まで作成することができる能力を持っています。

会社と会計事務所との関係は、税理士や担当者が「信用できる人間」であることが土台となります。
多くのお客様から信頼されていますので、安心してご依頼いただけます。
当会計事務所のお客様には、売上高で数十億円、利益額で数億円の会社様が数社いらっしゃいます。

このような規模の税務・会計に対応できるノウハウを持つ会計事務所は、多くはありません。
当事務所なら、規模が大きくなりつつある会社様やこれから拡大しようと思っている会社様も、安心してご依頼いただけます。

これらの会社では、会計基準によって会計処理および決算を行うことが実質的に必要とされます。

現在の税法では、財政収入を確保するために本来負債として計上すべき様々な費用が法人税を計算する上では費用とされません。
したがって、本来費用として計上すべきものを計上しないで作成した税法基準による決算書では、会社の実態を正しく表すことはできず、誤った経営判断をしてしまうことになりかねません。

兵頭始税理士事務所お問合せ
ページトップへ