税理士 兵頭始 著者:兵頭始税理士事務所 税理士 兵頭始
①低価法による在庫評価

商品や材料の評価方法として「低価法」を選択する旨の届出をすれば、商品や材料の年度末の価格が買ったときの値段を下回った場合に、期末の価格で在庫の金額を計算することができます。
さらに「切放し低価法」を採用すれば、その後の年度で価格が回復しても、回復した金額で在庫金額を計算する必要はなく値下がりした年度の金額のままで在庫金額を計算できます。
「低価法による在庫評価」をするには、その年度が始まる前日までに税務署に届け出る必要があります。

②商品や材料が、新しいものが発売されたことにより陳腐化したり、季節遅れ・流行遅れとなった場合には、実勢価格との差額を「評価損」として費用処理することができます。